FC2ブログ

1秒スキャルFXの購入レビュー【特典付き】 - ドラゴンストラテジーFX収支報告ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1秒スキャルFXの購入レビュー【特典付き】

55112132132.jpg

マックス岩本氏の1秒スキャルFXの購入レビューをしていきます。僕は基本的にドラゴンストラテジーFXをベースにトレードしていますが、新しい気になるFX教材、インジケーターを購入したりもします。

今回はマックス岩本氏が監修して販売している「1秒スキャルFX」についてレビューを購入してレビューしていくので参考になればと思います。

1秒スキャルFXのロジックを解説


使ってみて結論から申しますと、初心者向きなFXインジケーターとなります。僕みたいなあまり知識がない人が取り組むにはいいかもしれません。ただそれなりに欠点もあり、損失を出すこともありますが、それは最後まで読んでいただければ1秒スキャルの内容やそのほとんどがわかると思います。

1秒スキャルFXの内容を詳しく解説していきます。


●マックスアベレージキャンドル

1秒スキャルFXで搭載されているのがまず1つ目のマックス・アベレージキャンドルというもの。

これはシンプルにインジケーターの色でエントリーするのか、しないのかを判断するためのものです。
マックス・アベレージキャンドルによって早く判断ができるので、どのインジケーターよりもスタートを早く切れるような感覚を持ちます。色で判断できるので見やすいのが特徴です。

12132156.jpg


ローソクという意味もあってキャンドルという名前になっていると思うんですが、何より見やすく、色が変わったらエントリー、色が変わったら利確という簡単にできてしまうインジケーターです。導入すればわかりますが、エントリーしやすくなっています。

平均足にも似ていますが、また違う特徴を持っていて、平均足に比べて相場の流れを掴んでいるのでエントリーしにくいということがありません。

標準搭載されている平均足だと、色が変わってもエントリーすることはなかなかありませんが、マックスアベレージキャンドルはエントリーをするために工夫がされているので、安心感があります。

だからトレンドを捉えやすので、エントリーしてから色が変わるまであとは待つだけという感じになります。


●マックスジャッジメント

1秒スキャルFXの2つ目の醍醐味はマックス・ジャッジメントと呼ばれるインジケーターです。

164658465120.jpg

これは単純にトレンドはが発生しやすいか、していないかを判断できるものです。ユーロドルとかドル円とかありますが、これって時間によってほとんど動かないときがありますよね?その強弱を測っているのがこのマックス・ジャッジメントというインジケータなんです。

通貨ペアを選んで、このマックス・ジャッジメントを見ながら今ならこの通貨ペアで勝負すれば、勢いがあるなとかがわかるので、イライラせずに済みます。あんまり動きの少ない通貨ってついついイライラしてしまいがちですが、マックス・ジャッジメントを見れば、どの通貨でトレードすればいいのかひと目でわかるのでかなり重宝します。

マジックジャッジメントでの判断方法は

黄緑色で表示された通貨…強い(買われている通貨)
赤色で表示された通貨…弱い(売られている通貨)


これを判断するのに使うので、いちいち自分で通貨を見て回らなくていいのと、すぐに勢いのある通貨を確認することができるので、乗り遅れる可能性が極めて低くなります。

FXでトレードしていくのことで、通貨の強弱は僕もやってて感じる部分です。というのも、ほとんど動きのない通貨でもなぜかエントリーしてしまいそうになって、もう少ししたらブレイクするかも?という期待感で無駄にチャートを眺めてしまったりするからです。
マジックジャッジメントがあれば、その無駄を省くことができます。

1秒スキャルFXのマックスジャッジメントによって、僕でも簡単にトレードすればいい通貨を見ることができるので、かなり初心者向きだと思います。このツールだけでも大きい価値があるなと思います。



●マックスシングルボリンジャー

1秒スキャルFXの3つ目の特徴でもあるマジックシングルボリンジャーです。
このインジケーターはサポートの役割があるみたいです。基本的には上記でも解説したマックスアベレージキャンドルでトレードするんですが、マジックシングルボリンジャーが手仕舞いをサポートするので、トレンドを把握するのに役立ちます。

エントリーしてから、ローソク足が下がったり、上がったりしてきてもマジックシングルボリンジャーを見れば、利確するのか、そのまま持っておくのかを判断できます。

標準搭載のボリンジャーバンドとは少し違うのですが、似ている部分もあります。よく逆張りとかに使用されるボリンジャーバンドですが、マジックシングルボリンジャーは通常通り、トレンドを確認するために使うものになっています。

4546616878.jpg

マジックシングルボリンジャーはシンプルに順張りで使うのがいいと思います。僕自身もドラストでボリンジャーバンドに似たものも表示しているので、非常に役立つと思います。それぞれに合ったインジケーターを表示すれば、より見やすくなりますね。

マジックシングルボリンジャーは、エントリー後に役立つもので、その流れや方向を確認するのに使うのでエントリーしてからの安心感があります。

よくあるダマシを回避するのにも役立つと思います。1秒スキャルFXでもそれなりにダマシが発生します。これはどれだけ優秀なインジケーターでもあると思います。

そのインジケーターのダマシを少なくするためにも、マックスシングルボリンジャーがついてくるイメージですね。


まとめ


いかがでしょうか?1秒スキャルFXの解説とレビューは以上になります。

今回は僕が使用しているFXインジケーターの「ダマシ回避」に使用しているインジケーターを特典としておつけします。

このインジケーターはドラゴンストラテジーFXに使っていたほぼ聖杯に近いインジケータなんですが、これも1秒スキャルFXで同時に表示すればかなり役立つと思います。


ダマシ回避特典【インジケーター】

これはシンプルに天井と底を捉えるので、天井や底付近でエントリーのシグナルが出たとしても、エントリーせずに無駄な損失を防ぐことができています。つまり天井と底以外のところでエントリーシグナルがでれば、エントリーして利確まで持つことができます。

1秒スキャルFX【特典付き】で購入する方はこちら
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。